2018年07月09日

■ 中小企業のマーケティング導入|インターネット集客・インバウンドマーケティング


弊社では、INBOUND MARKETING(インバウンドマーケティング) 「集客」の仕組みつくりの導入コンサルティング、6ヶ月間 コンサルタント・コンサルティング契約 を提供しています。

しっかりと「集客」の仕組みを構築し、インバウンドマーケティングを導入したい方に最適です。


近年、アメリカの HubSpot社の提起した、インバウンドマーケティングが新しい、集客、新規顧客獲得の仕組みとして注目され、あいついで導入、実践する企業が増加しています。

ビッグデータの活用まで視野にいれた、MA(マーケティング・オートメーション)まで含めると、検討、選択の幅がひろがりました。

各社から、専用のツールやサービスがリリースされています。

既に、マーケティングを理解し、実践・運用している企業が負荷軽減や効率化アップのために、これらのソリューションをつかうことは理にかなっていると考えています。

しかし、初めて構築、導入する場合は、現存する様々な媒体、サービスを組み合わせて、自社の状況を分析、理解しながら、汗を流して作業をしながら体得してゆくことが成功への道だと強く考えています。

一口に仕組みの「構築」、マーケティングシステムの「導入」と云っても、各社各様です。 業界によって、ビジネスユーザー向け、もしくは、個人ユーザー向けの違いをよく耳にしますが、差異は、そこには殆ど出ません。

経営者の、もしくは、社員・現場の危機感の持ちよう、改革の必要性への理解の差。 IT、WEBなどの利用頻度、スキルなどデジタルデバイドの差。 地域性、商品特性における、喫緊のライバルとの関係。

これらによって、取り組むべき方針や具体的な施策、その進めるスピードなどは変わってきます。

スタートした後も、PDCAを意識して修正、調整しながら体感し、実行力をつけて行きます。

・・・★詳細・つづきは、こちらからどうぞ!
中小企業のインバウンドマーケティング・集客の仕組み導入

マーケティング・経営のBLOGランキング(クリック!)

-----------------------------------------------------
インターネット集客とインバウンドマーケティングをサポートしています!

担当・松川のネットニュース(もちろん無料!) 登録はこちらからどうぞ


IT/WEB/マーケティングの気づき、最新情報 毎日更新 お届けしています!
“1分間” 1年間 目を通すだけで、あなたも「キュレーターです!
Facebookページ 「松川商店(Curation)」

posted by 成りたろう at 03:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年06月25日

■ 中小企業のDM戦略|インターネット集客・インバウンドマーケティング


「集客仕組み」とは|中小企業のインバウンドマーケティングにおける DM戦略


中小企業のHP(ホームページ)運営における、DM (Direct Mail・ダイレクトメール)の作成・利用方法をご説明します。

昨今では、DM と云うと、twitter のDirect Message・ダイレクトメッセージだと理解する人が多いのではないでしょうか。
紙やFAXでダイレクトに届けるツールのほうです。
大量に直接届ける使い方が定番でした。
皆さんも日々届けられていることと存じます。

しかし、インバウンドマーケティングでは、若干違います。
特に、中小企業にとっては、この違いをしっかり認識して活用しなければなりません。


【DMとは】

DM (ダイレクトメール)は、小売店や、クレジットカード会社などのDB(データベース)= 顧客リストから購入頻度、金額、誕生月などの属性で抽出され、郵便やメール便などを利用して届けられます。
これによって届くものの形態は、紙一枚の葉書、ちらし程度から、封書・大判封筒・パンフレット様のもの、更に、パンフレット、カタログまで様々です。
また、 個人向けはダイレクトマーケティング、法人向けはセールス活動の一環として位置づけられます。

ダイレクトマーケティングの理論に基づき、時系列な展開、顧客との継続的な関係作りに効果がみられます。 このため、テストを繰り返し、顧客データベースを駆使し、レスポンス、コンバージョンを獲得するためのデザイン、クリエイティブ制作に注力されます。

これらはストレートな商品、サービスの宣伝、囲い込みで、リピートを目指すものです。
通信販売では定期的に最新のカタログが届けられ、商品、サービスを購入する。
これに留まらず、カタログを眺めることを趣味とするなど、マスメディアとしての機能を持ち、すぐに捨てられない一種の雑誌として編集、情報価値をもつものもあります。
これらは、ダイレクトメールとして直接顧客の手元に届けられるだけではなく、一般書店で無料配付したり、販売しているケースもあります。

並行して、全く面識のない企業から送付されてくるものもあり、迷惑な宣伝とみなされます。
これらの送付先の個人情報・企業情報は、いわゆる「名簿業者(名簿屋とも)」が保有している情報がほとんどです。
業務を明らかにしているFAXDM業者の提供するリストは、パーミッションを得ているものが多く、法的には問題ありません。
しかし、あくまでも二次利用であり、自社が繋がりをもつ顧客、見込み客のリスト以前の状態。未知の情報であることに変わりありません。

近年、個人情報保護法施行以降は、パーミッションのない受信は減少していますが、FAX(ファクシミリ)を利用しての FAXDM では一方的に送りつけられる宣伝、広告の中に、闇金融のものが後をたちません。

インターネットが出現するまで、ダイレクトメールは特定の顧客へ直接アプローチ出来る唯一のメディアであったため、ダイレクトマーケティングの主役を担いました。
今日では、インターネットでも直接顧客へアプローチが出来る。
しかし、一定数のDMは紙でもFAXでも活用されていることは、日々、皆さんも体験している通りです。

【中小企業にとっての DM】

中小企業は、予算、人員をさくことが出来ません。
しかし、ここは根気強く時間を割きます・・・

・・・★つづきは、こちらからどうぞ!
中小企業のDM戦略

マーケティング・経営のBLOGランキング(クリック!)

-----------------------------------------------------
インターネット集客とインバウンドマーケティングをサポートしています!

担当・松川のネットニュース(もちろん無料!) 登録はこちらからどうぞ


IT/WEB/マーケティングの気づき、最新情報 毎日更新 お届けしています!
“1分間” 1年間 目を通すだけで、あなたも「キュレーターです!
Facebookページ 「松川商店(Curation)」

posted by 成りたろう at 09:00 | Comment(0) | インターネット集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年06月18日

「集客の仕組み」とは|中小企業のインバウンドマーケティングにおける CTA (Call to Action)


中小企業のHP(ホームページ)運営における、CTA(Call to Action)の作成・利用方法をご説明します。

CTA(Call to Action もしくは、 Calls to Action)とは、日本語で直訳すると「行動喚起」という意味合いです。

WEBマーケティングの世界では、「訪問者にとってもらいたい行動を誘導・誘発する」ことと定義しています。

しかし、インバウンドマーケティングでは、若干違います。
特に、中小企業にとっては、この違いをしっかり認識して活用しなければなりません。

【一般的なCTAとは】

旧来、及び、現在のCTA(Call to Action)は、HP(ホームページ)やBLOG(ブログ)、SNS内で行動をとってもらう目印の多くは、リンクボタンの形をとっています。

「ここから資料をダウンロード」
「ここから問合せ」
「ここから購入する」


などのアクションをおこしてもらいます。

例えば、このような画像アイコンです。

ただ説明するだけではなく、販売促進、販売支援、営業につながる直接的な行動をおこすように動機づけや誘導します。

この為、いかに目立つ画像で、いかに解りやすい場所にあるかが非常に重要です。
お得感や限定感をあおって背中をおします。

結果、成果がみえやすく、勝負を急ぐ場合に効果を発揮します。

【中小企業にとってのCTA】

中小企業は、大きな予算、人員をさくことが出来ません。・・・


・・・★つづきは、こちらからどうぞ!
中小企業のインバウンドマーケティングにおける CTA (Call to Action)

マーケティング・経営のBLOGランキング(クリック!)

-----------------------------------------------------
インターネット集客とインバウンドマーケティングをサポートしています!

担当・松川のネットニュース(もちろん無料!) 登録はこちらからどうぞ


IT/WEB/マーケティングの気づき、最新情報 毎日更新 お届けしています!
“1分間” 1年間 目を通すだけで、あなたも「キュレーターです!
Facebookページ 「松川商店(Curation)」

posted by 成りたろう at 09:00 | Comment(0) | インターネットマーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする