2018年06月25日

■ 中小企業のDM戦略|インターネット集客・インバウンドマーケティング


「集客仕組み」とは|中小企業のインバウンドマーケティングにおける DM戦略


中小企業のHP(ホームページ)運営における、DM (Direct Mail・ダイレクトメール)の作成・利用方法をご説明します。

昨今では、DM と云うと、twitter のDirect Message・ダイレクトメッセージだと理解する人が多いのではないでしょうか。
紙やFAXでダイレクトに届けるツールのほうです。
大量に直接届ける使い方が定番でした。
皆さんも日々届けられていることと存じます。

しかし、インバウンドマーケティングでは、若干違います。
特に、中小企業にとっては、この違いをしっかり認識して活用しなければなりません。


【DMとは】

DM (ダイレクトメール)は、小売店や、クレジットカード会社などのDB(データベース)= 顧客リストから購入頻度、金額、誕生月などの属性で抽出され、郵便やメール便などを利用して届けられます。
これによって届くものの形態は、紙一枚の葉書、ちらし程度から、封書・大判封筒・パンフレット様のもの、更に、パンフレット、カタログまで様々です。
また、 個人向けはダイレクトマーケティング、法人向けはセールス活動の一環として位置づけられます。

ダイレクトマーケティングの理論に基づき、時系列な展開、顧客との継続的な関係作りに効果がみられます。 このため、テストを繰り返し、顧客データベースを駆使し、レスポンス、コンバージョンを獲得するためのデザイン、クリエイティブ制作に注力されます。

これらはストレートな商品、サービスの宣伝、囲い込みで、リピートを目指すものです。
通信販売では定期的に最新のカタログが届けられ、商品、サービスを購入する。
これに留まらず、カタログを眺めることを趣味とするなど、マスメディアとしての機能を持ち、すぐに捨てられない一種の雑誌として編集、情報価値をもつものもあります。
これらは、ダイレクトメールとして直接顧客の手元に届けられるだけではなく、一般書店で無料配付したり、販売しているケースもあります。

並行して、全く面識のない企業から送付されてくるものもあり、迷惑な宣伝とみなされます。
これらの送付先の個人情報・企業情報は、いわゆる「名簿業者(名簿屋とも)」が保有している情報がほとんどです。
業務を明らかにしているFAXDM業者の提供するリストは、パーミッションを得ているものが多く、法的には問題ありません。
しかし、あくまでも二次利用であり、自社が繋がりをもつ顧客、見込み客のリスト以前の状態。未知の情報であることに変わりありません。

近年、個人情報保護法施行以降は、パーミッションのない受信は減少していますが、FAX(ファクシミリ)を利用しての FAXDM では一方的に送りつけられる宣伝、広告の中に、闇金融のものが後をたちません。

インターネットが出現するまで、ダイレクトメールは特定の顧客へ直接アプローチ出来る唯一のメディアであったため、ダイレクトマーケティングの主役を担いました。
今日では、インターネットでも直接顧客へアプローチが出来る。
しかし、一定数のDMは紙でもFAXでも活用されていることは、日々、皆さんも体験している通りです。

【中小企業にとっての DM】

中小企業は、予算、人員をさくことが出来ません。
しかし、ここは根気強く時間を割きます・・・

・・・★つづきは、こちらからどうぞ!
中小企業のDM戦略

マーケティング・経営のBLOGランキング(クリック!)

-----------------------------------------------------
インターネット集客とインバウンドマーケティングをサポートしています!

担当・松川のネットニュース(もちろん無料!) 登録はこちらからどうぞ


IT/WEB/マーケティングの気づき、最新情報 毎日更新 お届けしています!
“1分間” 1年間 目を通すだけで、あなたも「キュレーターです!
Facebookページ 「松川商店(Curation)」

posted by 成りたろう at 09:00 | Comment(0) | インターネット集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年06月04日

■ SEOツール(Googleツール)|インターネット集客・インバウンドマーケティング


「集客仕組み」とは|中小企業のインバウンドマーケティングにおける中小企業のSEOツール(Googleツール)

中小企業のHP(ホームページ)運営における、SEO対策で無料で利用できるツールが、Google にて用意されています。

利用しないてはありません。
中小企業にとってのメリットをご案内します。

【無料! WEBマーケティングツール&サービス】

無料で利用できるツールが世の中にはたくさんあります。

慣れれば、誰でも使えます。
しかし、どれもこれも使っていては、時間がかかって仕方がありません。
自社、自身にとって使いやすく、最適なものを知り、上手に効率的に使いこなしましょう。

いくつかのサービスを探せる場所をご紹介します。

〜中略〜

【中小企業にとってのGoogle無料SEOツール必須・推奨の5つと理由】

〜中略〜

◆弊社では中小企業のための、集客できるWordPressによるHP(ホームページ)制作し、サーバー運営と共に、集客のコンサルティング契約をしているお客様のサイトを、Google Analytics と、Search Console の設定をし、監視・管理をお請けしています。


・・・★詳細は、こちらからどうぞ!
中小企業のインバウンドマーケティングにおける WordPress で HP制作

マーケティング・経営のBLOGランキング(クリック!)

-----------------------------------------------------
インターネット集客とインバウンドマーケティングをサポートしています!

担当・松川のネットニュース(もちろん無料!) 登録はこちらからどうぞ


IT/WEB/マーケティングの気づき、最新情報 毎日更新 お届けしています!
“1分間” 1年間 目を通すだけで、あなたも「キュレーターです!
Facebookページ 「松川商店(Curation)」

posted by 成りたろう at 09:00 | Comment(0) | インターネット集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年04月16日

■ インバウンドマーケティングとは|インターネット集客・インバウンドマーケティング

「集客仕組み」とは|中小企業にとってのインバウンドマーケティングとは何か?

【アウトライン】

インバウンドマーケティング (Inbound Marketing)。

まだまだ聞き慣れない言葉ですね。
インバウンドは手法と云うより、新しい「概念」です。

インターネット革命により、Blog/SNS をはじめとした、CGM(Consumer Generated Media)によって、一個人が情報を発信することが当り前になりました。

一見、便利な時代のようですが、人々は、情報過多・大洪水の時代になり、かえって正しい情報が何なのか? 
自身で判断を迫られるようになりました。企業からの一方的な広告はもはや信用なりません。
それよりも、信頼のおける情報筋や友人、知己の情報が重んじられる傾向にあります。

企業側・情報発信側からみた、インバウンドマーケティング(Inbound Marketing)とは、広告出稿などに頼るのではなく、情報の受信側である、興味のある顧客や消費者は自ら検索をしたりソーシャルメディアで聞いたりして調べてくれるということを信じて「見つけてもらう(Get Found)」ことを目的としたマーケティング施策です。

具体的には見込客に対して有益なコンテンツをネット上で提供し、検索結果およびソーシャルメディアなどで「見つけられ」やすくし、自社のサイトに来てもらいやすくしていくものです。

近年においては自社サイトを訪れてくれた人々を顧客化するまでの育成プロセスも含め、
「見つけられる」ことからはじまる一連のマーケティング活動を「インバウンドマーケティング」と呼んでいます。

【中小企業にとっての】

それでは、中小企業にとってのインバウンドマーケティングとは、どうとらえればいいでしょうか。

・・・★続きは、こちらからどうぞ!
インバウンドマーケティングとは|インターネット集客・インバウンドマーケティング

マーケティング・経営のBLOGランキング(クリック!)

-----------------------------------------------------
インターネット集客とインバウンドマーケティングをサポートしています!

担当・松川のネットニュース(もちろん無料!) 登録はこちらからどうぞ


IT/WEB/マーケティングの気づき、最新情報 毎日更新 お届けしています!
“1分間” 1年間 目を通すだけで、あなたも「キュレーターです!
Facebookページ 「松川商店(Curation)」

posted by 成りたろう at 09:00 | Comment(0) | インターネット集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする